顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

カウンセリングの経過報告 20

こんにちは。

k-byteです。

頑張って連投。

 

カウンセリング話。

 

最近沈みっぱなしの僕なので、

カウンセリングも散々でした。

カウンセラーさんの言葉が入って来ない。

話すことが思い浮かばない。

 

一通り心療内科での話もしましたが、

(カウンセリングでも話して欲しいと心療内科の先生に言われたので)

沈黙の時間が長かったです。

こんな姿をカウンセラーさんは見たことないと言っていました。

仕事を休む前はずっとこんな感じだったんですけどね。

解ってても気分が上がらない。

 

話の内容もよくは覚えてません。

しかし、カウンセラーさんからはこんなことを言われました。

 

「休んで良かったと思えるほど、貴方は変わっていてるはずなので、

その事実をひとつひとつ思い出して、自信にしていくのがいい」

 

と。

 

僕は聞きました。

 

「僕は何が変わりました?」

 

カウンセラーさん、

 

「色々なことに気づきがあることが変わった。

しかし、まだ気づいたことを消化できてないので、

何かが崩れると一瞬で元に戻るかもしれない」

 

正直に答えてくれました。

確かに。

崩れる可能性はあると僕でも思っています。

それを意識させてくれたので、それだけでも良かったです。

 

ただ、気分は沈んだままでしたが。

 

こんな時、イヤホンで大音量の音楽を流すと動けることが多くて、

最近もそうやって半強制的にスイッチを入れてます。

 

僕はパンクすぎると逆にテンションが上がりすぎるので

Hip Hopあたりがちょうどいいです。

 

しばらくはそんな感じかなぁ。

 

それでは。