顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

カウンセリングの経過報告 19

こんにちは。

k-byteです。

台風21号尋常じゃなかったですね。。。

僕の地域はかろうじて無事でしたが、

今回の21号も、前回の20号も、

被害に遭われた方々の一早い復興を願ってやみません。

 

カウンセリングの話です。

 

今回は割と家族に関する雑談がメインになりました。

雑談といっても、自分や子供がだいぶ体調が悪かったので、

そんな時に家族としてどうしているのかという話や、

僕と妻の仕事の折り合いのつけ方とかを話しました。

 

例えば。

僕は8月後半ずっと体調が悪かったんですが、

妻はすごく優しく、

毎日寝かしつけを僕にお願いして早く休ませてくれたり、

日中でも「寝ていいよ」と言ってくれたり。

ただ、僕の精神的な不調に対しては時々不機嫌になって、

まだ受け入れていない部分もあるようです。

 

考えてみれば当たり前で、

というか妻がわかりやすくて、

あからさまに目に見える体調不良には対処できるけど、

目に見えない精神疾患には対処できないようです。

普段あっけらかんとしている妻なので

僕も半分理解してもらうことは諦めています。

 

カウンセラーさんは、そんな優しい妻に対してどう思っているのかと

僕に尋ねました。

 

もちろん感謝しています。

 

そう答えました。

心の底からそう思っていたので。

 

妻に病院へ連れて行ってもらった後

(それほど体調が悪かったんです)

二人でご飯を食べたときに久しぶりに他愛のない会話をした話をしました。

そんな話もしたら、

 

「そんな機会をもっと設けた方がいいんじゃない?」と。

 

確かに二人で出かけてないですね。

というか、妻がすごく恥ずかしがるので控えているんですが、

子供のいないところで子供のこと以外の会話とかも

必要なのかもしれないなぁと感じました。

実現するかしないかは別ですが。

 

なんかそんな話をしていたらあっという間に時間になりました。

特筆事項もこれといったものもなく。

 

これで良かったのかなぁとちょっと感じた日でした。

それでは。