顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

カウンセリングの経過報告 14

こんにちは。

k-byteです。

梅雨の晴れ間で暑い日ですね。

 

今日はカウンセリングでした。

 

前のカウンセリングから今回までの間に2回

心療内科を受診したのでその話をしました。

薬の調整についてです。

精神的な不安定さから薬を朝晩1錠ずつにし、

日中の眠気がひどくなったので夜だけの2錠にしました。

眠気は割と落ち着いています。

「精神的な安定の効果は?」と聞かれましたが、

薬の調整をして2週間、全く効果は実感できていません。

前も書きましたが、不安定さを理解しているので

僕自身が気をつけている部分もあります。

なので、薬の効果なのか僕が気をつけているからなのかは

わからないのが正直なところです。

そういう風に分析できていること自体、落ち着いているんですかね?

 

あとは、前回の宿題だった、

「気分が高揚する前には必ず落ちる時がある」

を僕なりに探してみました。

 

気分が沈む時の1つとして気づいたのが、

過去の嫌な出来事を思い出してしまった時。

その時なんですが、それ自体が沈む原因ではなく、

それに振り回されている自分に腹が立って凹んでいました。

 

やっとこの境地に立てたんです。

もう過ぎたことに凹むことの無意味さ。

ついでに言うと、まだやってきていない未来に悲観することの無意味さに。

 

大体の過去は克服しました。

ただ1つ、まだ克服できていない過去があるんです。

今回休むことになった、決定打になった出来事が。

カウンセラーさんからはこんなことを言われました。

「無意識の自分とどう向き合うか」

確かに、思い出したくて思い出しているわけじゃないことであり、

フラッシュバックのようにパパッと記憶が蘇るわけで、

うまく折り合いをつけて過去のものとして処理することが

今後の課題なんでしょうね。

 

また。

この嫌な件にも関連するんですが、

僕は何か不測の事態が起こったときには

まず「僕に悪いところがあったかな?」

考えるようにしています。

そうして、相手を尊重しつつも、課題を見つけようとします。

つまりは、相手にもそれに近いことを求めてしまう自分がいるんですが。

しかし、お互いが課題意識を持って話すことで

良い方向に向かうんじゃないかと思っています。

でも時々こんな人がいます。

「俺は、私は、悪くない。お前が悪いんだからどうにかしろ!」と。

一方的なことを言われるとすごくイライラします。

常日頃他者を尊重していないんだなと感じて失望します。

 

こんな風に僕の価値観からかけ離れたことをされるのが嫌なので、

フラッシュバックする件もそれにリンクして

余計イライラしてしまうんだなと感じます。

 

僕に必要なのは、こういったタイプの人とどう建設的に話ができるか。

それを学ぶ必要があると感じています。

あとは過度に相手に期待しない。いい意味で。

こういうのは人柄なのかテクニックなのかはわかりませんが、

(繰り返しますが)身につけるべきものだと思います。

 

他には、やりたいことの話をして、そう時間を作るかを話しました。

これについてはある方法を試しているので

後日書こうと思います。

 

それでは。