顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

Behringer Model Dの発売日予想その2 〜本社での生産状況〜

こんにちは。

k-byteです。

久しぶりに音楽の話題など。

 

以前書きましたBehringer Model Dの発売予想

その続編です。

zero-comma-mugen.hatenablog.com

  

過去の僕の予想は、6月までは日本の発売はないかなという内容でした。

そんな予想のもと、実は僕はアメリカの楽器店に4月の段階で注文をかけていました。

 

しかし、全くもって届いていません。

 

海外の販売店の状況ですらこれです。

流石に不安になってしまったので販売店に何度か問い合わせました。

僕が頼んだところには日本人スタッフがいて、

日本語でやり取りできています。

でも答えはいつも

Behringerからまだはっきりした入荷日は聞けていない」

とのことでした。

 

なので、思いきって直接本国Behringerに英語で問い合わせてみました。

注文の状況に合わせ、

「When can I meet the wonderful instrument?」と結んで。

 

半日ほどで返事が来ました。

 

その内容は驚くべきものでした。

 

We are still having difficult filling pre-orders,•••

つまりはプレオーダー分すらまだ生産が追いついていないわけです。

delay

「遅れている」という言葉が何度も文章に使われていました。

そのために我々のできる限り早急に生産しているとのことでした。

 

ちなみに、後半の文章には

「大量に注文してくれている大きな販売店にまずは納品する」

とも書かれ、

「あなたが注文した店にもはやく納品されることを願っています」

と締めくくられていました。

 

やはりmusic tribeで紹介されている販売店が優先なのかなぁと感じます。

 

ちなみにその販売店の1つ、sweetwaterから、5月の時点で

「今なら在庫があるよ」とメールが来ました。

僕が頼んだ販売店と迷ったんですが、

はやく欲しかったので正直sweetwaterにすればよかったかなぁと思ってしまいました。

sweetwaterは巨大な販売店なので優先的に納品され、

かつキャンセルのおこぼれに与れる確率も高いかなと思います。

完全に英語でのやり取りになってしまいますが、

もしなるべく早く欲しいと感じるなら、

sweetwaterをお勧めします。

 

ちなみに僕が頼んだ販売店

VintageKingAudioというところ。

こちらには日本人スタッフがいるので

英語が苦手な人にはお勧めですし、

すごく親切丁寧に対応してくれます。

逆に僕が嫌われていないか心配です。

何度も問い合わせちゃったので。

で、送料も若干sweetwaterよりも安く済むようです。

品物も豊富なので、日本にないものを買うなら

こちらの販売店をオススメします。

 

以上がBehringer Model Dを取り巻く状況です。

 

日本での発売はいつ?という状況ではないですね、ホントに…。

しかもこの間BehringerはprophetやRoland TR-808の精巧なクローンを新しく発表したばかり。

それらもきっと似たような状況になるでしょうね。

 

ホント、早く生産ラインを安定させて欲しいものです。

 

それでは。