顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

心療内科の経過報告 14

こんばんは。 

k-byteです。

5月も終わりますね。

 

心療内科の経過報告です。

今回は職リハ第一弾が終わって、

また教頭が一緒に来ました。

次の職リハの説明だそうです。

 

今回も、まずは僕だけが最近の様子を話すために部屋に入りました。

 

散々このブログでも職リハの話は出しているので

改めて書くことはしませんが、

カウンセラーさんにした話を先生にもした感じ話です。

とにかく、僕がやりたいことに忠実になりたい。

そのためにいろんな選択肢を排除せず

貪欲に行動したい。

その考えをはっきり伝えました。

「それでいいんじゃないですか」と背中を押してくれました。

 

あと、薬の話になりました。

最近、朝からテンションが高い日が続いていて

お金の使い方も荒くなってきてしまったので、

抗うつ剤はどうなんでしょう?と尋ねました。

先生からは「上がったテンションをどうにかしようとするのもストレスになるから

抗うつ剤はやめてみましょう」とのことでした。

これで、1年半ほど飲み続けていた抗うつ剤は断つことになり、

もう1つ飲んでいる、気分を落ち着かせる薬だけになりました。

 

 

その後、教頭が来て職リハ第二弾の説明があったんですが、

第1週は金曜だけがフルタイムで、また最初は午前勤務から始まるそうです。

2週目からが毎日フルタイム。

休みなし。

先生からは、「定時退勤できることが大事だからそこは保証してほしい」と。

教頭に強く言ってくれました。

前回の職リハ最終日、管理職の会議のせいで

17時までのところを18時まで残らされたので

先生の言葉はすごくありがたかったです。

 

診察が終わったあと、教頭から電話が。

診察の時に確認してほしいこととしていくつか僕から言ったんですが、

それを教育委員会に確認したと。

 

まずは、教頭の勘違いから。

職リハ第二弾は、1ヶ月程度、ではなくきっちり20日間と決まっているらしいです。

僕の第二弾は4週間なのですが、祝日のせいで

5週目の最初だけ行かなきゃいけなくなりました(泣)。

 

次。

例えば僕が40度くらい熱を出してしまってどうしても勤務できない場合。

あって欲しくないけど子どもが怪我をしたとか身内に不幸があったとか

そんな場合。

休んだ日数だけ後に繰り越しだそうです。

きっちり20日、働けと。

今抱えてる精神疾患の理由で働けないのなら繰り越しも納得できるけど、

それ以外のいかなる理由でも繰り越しとは。

なんか

 

もう1つ、どうしても途中退勤しなきゃいけない場合。

は、聞いてくれなかったみたいです。

また今度確認しようと思いますが、

精神疾患的理由じゃなきゃ大目に見てくれよ、と思うのは甘えですか?

 

とりあえず、どんな場所でも働けることを証明するために

職リハ第二弾も頑張りますが、

視野を広くして行動し続けることも忘れずに居たいと思います。

 

それでは。