顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

心療内科の経過報告 8 うつ病治療費の自己負担額が減る方法

こんばんは。

k-byteです。

春が近づいてきましたね。

 

今日は心療内科

 

この2週間は、子どもがまた体調不良でバタバタしていました。

落ち着かない日々で、僕自身も落ち着きませんでした。

春が近づいているから気分がウキウキするとか

そういうものは皆無で、

むしろ今後やってくる生活の変化に対しての不安

重く感じられます。

 

しばらくはこんな不安な日々が続くんでしょう。

 

そういえば、

前回の経過報告で話題に出した自己負担額の話ですが、

自治体のお役所に行ったら

訳わかんないみたいなことを言われました。

なので自分で調べてみたら、

 ありました。

 

精神障害者の通院医療費の助成

と言うんだそうです。

 

どの自治体にもあるみたいですが、

自治体によって課が違うようです。

支援課、障害福祉課、などなど。

 

内容は、

精神障害者が、入院せずに、通院による治療を行う場合、

医療費の負担を3割から1割に減額する、

ということだそうです。

 

診断書や病院、薬局の住所、

印鑑や身分証など、

用意するものも書かれてありました。

また、精神福祉手帳の同時申請もできるらしいです。

僕は手帳はもらいません。

 

ということで、今日は診断書のお願いをしました。

次回の通院で診断書をもらったら、

申請してみようと思います。

 

それでは。