顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

心療内科の経過報告 7

こんにちは。

k-byteです。

 

今日は心療内科の受診でした。

薬の量を変えたため、いつものスパンよりも短い受信になりました。

 

今日はその薬の量についての経過を話して終わりました。

 

ここ最近、焦燥感や興奮を感じたかと思えば

突然気力を失ったり眠くなったりしていたので、

先週の受診で薬の量を減らすことにしました。

 

結果としてあまり変わらなかったです。

しかし、焦燥感や興奮はゼロではありませんでしたが落ち着きました。

薬を多く飲んでいた最近は、

焦燥感や興奮の他に、

買い物したくなったり物を殴りたくなったり

かなり不安定だったので(これはこれでやばかったですね・・・)

それがなくなった分、割とマシになったのかなと思います。

 

一般的に、うつ状態よりも、その逆、躁(そう)状態になった方が

精神的な病としては深刻だと言われています。

うつの薬は行動意欲が増す薬なので、

今回はそれが効きすぎていたのかなと自己分析しています。

 

まあ、先週1週間はほぼ子供の看病で時間が流れ、

普段しない昼寝も子供の寝かしつけのためにしたり

その影響で夜眠れなかったりと

生活自体もかなり不規則だったので、

それが落ち着いて生活リズムが戻った時に

自分の精神状態がどうなるものか。

 

この間の診察で決めた教職への復帰ですが、

やはり恐怖心が拭えないのは事実です。

過去の悪い出来事が頭をめぐり、

イライラしたり公開したりする日もそれなりにあります。

正直、生活費のための復帰です。

20%の情熱ももったいないくらいですが(昨日のブログ参照)、

できることをやろうという気持ちでなんとか復帰のモチベーションを保っています。

 

 

そういえば、

先生から、普段3割負担の診察代が1割負担になるという情報をいただきました。

自治体の支援課(それに準ずる課)に長期仕事ができない旨を

診断書とともに申請すると自己負担が減るそうです。

1年以上通ってて今か!という気持ちは隠しつつ、

今度市役所に話を聞きに行こうと思います。

 

今日は短いですがここまで。

いつものマックにいるんですが、

プログラミングのdebugも意外と早く終わったので、

あとは本でも読もうと思います。

それでは。