顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

心療内科の経過報告4

こんにちは。

k-byteです。

大寒波が来てますね。

みなさんのところは雪、大丈夫ですか?

 

今日は心療内科でした。

この2週間の話をして来ました。

「最近ネガティブになったことはありませんか?」と訊かれましたが

よくよく考えてみるとすごく減りました。

仕事をしていないのが大きいと思うんですが。

あとは最近読んだ本の影響も大きいと思います。

ここで紹介した本には全て

ネガティブなことを考えるとネガティブなことが起きると書いてあったので

努めてポジティブなことばかり考えるようにしています。

そのおかげで精神的にも気落ちすることは減りました。

 

ただ、妻と意見の言い合いになると若干凹みます。

 

なので、今読んでいる最中の本に書いてあった会話力の本を参考に、

何かを求められたら質問をしまくるようにしています。

「なんでそれが必要なの?」

「メリットは何?」

「他の案はない?」

などなど。

そうして妻の頭の中も整理させながら話すようにしています。

 

心療内科では仕事の話にもなりました。

先生が強く言っていたのは

 

「精神的な問題を抱えている時には大きな決断はしないこと」。

 

それは大原則だそうで、

大きく環境を変えるということは精神的負担が強いことなので

本来の自分を取り戻してからするべきなのだそうです。

 

なので、転職をするかしないかは、

復帰リハビリ出勤を行なってからか、

教員として正式復帰してから考えるのもありなんじゃないかと提案されました。

確かにそういう選択肢は持っていなかったので参考になりました。

 

精神的にはだいぶ落ち着いてきているとのこと。

 

じっくり、焦らず取り組もうと思います。

 

それでは。