顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

小室哲哉さん引退に思うこと

こんばんは。

k-byteです。

 

僕にとって衝撃的なニュースが昨日ありました。

僕に限らず多くの人にとって衝撃だったでしょう。

dot.asahi.com

引退。

小室哲哉さんが引退。

 

なぜ?

 

昨日はずっとそう思っていましたが、

リンクを貼った会見記事を見て、絶句しました。

 

苦しんでたんですね。

一人で。

 

KEIKOさんの看病、

ご自身のC型肝炎

突発性難聴

音楽のクオリティに対するプライド、

 

とても耐えられるものじゃないですね。

 

しかも引退の決断まで一人で抱え込むなんて。

 

とにかく今はゆっくり休んでほしい。

それしか思い浮かびません。

 

 

小室さんの会見で思ったのは、

会見の最後に語られたこの言葉に対すること。

以下記事の引用

 

僕たった一人の人間の言動などぜんぜん、日本であったり、社会が動くとはまったく思ってませんが、先ほども言いましたように、高齢化社会に向けて、介護の大変さであったりとか、それから社会のこの時代のストレスであったりだとか、少しずつですけれど、この 10 年でふれてきているのかなと思っているので、こういったことを発信することで、この日本を何かいい方向に、少しでもみなさんが幸せになる方向に動いてくれたらいいなと、心から思っております。微力ですが、少し何か、響けばいいなと思っております。ありがとうございます。

 

きっと今後日本が真剣に取り組まなければならない課題ですよね。

本当に日本の福祉制度はうまく機能していないんだなと痛感します。

小室さん一人の言動はきっと日本を動かすに違いない。

微力なんてことは全くない。

この会見をきっかけに、

日本が少しでも住みやすい世の中になることを期待してやまないです。

 

介護者が一人で抱え込まないようなネットワーク、

介護事業の待遇改善、

ストレスマネジメント、

変わるべきところはたくさんありますね。

 

 

 

「小室さんの引退を撤回させたい」

などと動いている人もいるみたいですね。

 

僕は思います。

まず小室さんに必要なのは休養です。

そして音楽から離れてじっくりとご自身の人生やKEIKOさんと向き合う時間です。

引退でもしない限り小室さんには多くの仕事が舞い込んでくるでしょう。

だから、僕は引退宣言を否定はできません。

僕も事情は違いますが休養をして

今少しずつ自分と向き合えるようになっているところです。

大事なんですよ。休養は。

 

 

ただ、「文春砲」は正直嫌いですね。

上で書いたことと矛盾するかもしれませんが、

確かにこの記事で才能が一つ潰れました。

いい大人のプライベートに土足で上がって

引っ掻き回すことになんの価値も見出せません。

不倫は当事者同士が解決すべき問題だし、

犯罪だったら警察が動いて司法が公平に裁けばいい。

小室さんに至っては誤解を招いただけで何もしていない。

 

こんなメディアのあり方も、良い方向に変わってほしいですね。

 

それでは。