顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

すぐやる!

こんにちは。

k-byteです。

2018年になって早4日。

あまりの正月ボケにプログラミングの勉強もしてなければ

楽器にもあまり触っていません。

1日を思い返すとどう過ごしたのかも曖昧です。

 

いかん。

 

と思って、

以前読んだ本を引っ張り出して読み返しています。

すぐやる!  「行動力」を高める“科学的な

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法

 

 「すぐやる!「行動力」を高める”科学的な”方法」

作者の菅原さんは作業療法士さんです。

「脳と行動」に関する専門家です。

 

世間では別のすぐやる系の本がヒットしているようですが(僕も読みました)、

僕はすぐやる系の本としては断然こちらをお勧めします。

 

ポイントは、気持ちに関すること、

やる気だとか性格だとか能力だとか、

そういうものを変えようとするのではなく、

あくまでも脳の働きに着目して行動を変えようとすること。

その結果、「すぐ」できる人になれるというのがこの本の特徴です。

 

科学的に書かれているのでとても説得力があります。

実際、僕も実践するとともに、

仕事上でも子供達の行動変容にとても役に立ちました。

 

例えば、やってはいけないことをやってしまうことにも

脳は満足感を覚えてしまうこと。

そのため、やってはいけないことは目に見せないことが大事だという。

また、道具を片付ける位置はいつも固定し、すぐに片付けることで

脳に余計なストレスがかからないようにすることも書かれています。

ついついテレビを見すぎてしまう人は、リモコンの位置を固定しておけば

リモコンを取りに行くときにより脳は「テレビをみる」ことが自覚でき、

その行動を止める選択がしやすいそうです。

 

他にも、やる気のなさは伝染する話、

触ることで行動力がアップする話など、

面白い話が盛りだくさんです。

 

以下簡単な目次です。

 

1章:「やるべきこと」にすぐ手をつけるコツ

2章:「ひとつのこと」を終えた後に「次」にスムーズに取り掛かるには?

3章:すぐやる集団、すぐやらない集団・・・「すぐやらない」は伝染する!?

4章:「脳が勝手にやる気になる」言葉の使い方

5章:「やればできる」という言葉でかえって「本気」が出せなくなっていた!?

6章:「すぐやるスイッチ」をすぐ入れる簡単な方法

7章:行動力が劇的に上がる「触る力」活用法

8章:「なんとなくいつもネガティブ」は脳の慢性疲労にありました

 

面倒くさがりな人やダラダラ過ごすことが日課になっている人、

正月明けでいまいち行動力が上がらない人など

読んで見てはいかがでしょうか?

 

それでは。