顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

考え方を変えてみる

こんにちは。

k-byteです。

 

今日は朝からこんなことがありましたよ。

 

今日はプログラミングの勉強をやるぞと決めて

朝から張り切っていたのですが。

前々から頼まれていたタイヤ交換の日も今日・・・。

すっかり忘れてました。

 

「あーあ、プログラミングの勉強したいから

また今度にしようかな」とも考えたのですが、

今読んでいる本にちょうど、

考え方をポジティブに、と書いてあったので思いました。

 

「待ってる間、本を読めばいいんだ」

 

待ち時間が長ければ本をたくさん読めるし、

待ち時間が短ければプログラミングの勉強時間が増える。

 

どう転んでもWin。

 

すごく前向きな気分で車屋さんに行きました。

 

早く着いたから1番で作業ピットに入り、

悠々本を読んでいたのですが、

まさかの出来事が。

 

「あのー、どうやらタイヤが違うみたいなんですが」

 

え?違う?

 

間違えて妻のタイヤを持ってきてしまいました(泣)

 

流石に車に乗せる前に確認しなかった

自分にイライラしてしまって

ダッシュで取りに帰ったんですが、

もちろん作業は後回し。

1時間半待ち

 

今までの自分はここでイライラしっぱなしで、

後悔しまくりで、

うきぃーーーーーっっっ!!!となっていたんですが、

ここでも考え方をポジティブに転換しました。

 

「タイヤを間違えたのは仕方がない。

帰ったらカバーに車種を書いて

次回は間違えないようにしよう。」

 

「1時間半もあるからもっとゆっくり本を読んで、

ご飯食べに行って、ブログ書こう。」

 

ということで、本を30分読んで、

ご飯を食べて帰ってきて、

今これを書いています。

自分でもびっくりするほどポジティブ。

気持ちに余裕が生まれています。

 

今読んでいる本は

 

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

 

 

この本なんですが、

本の通りに考え方を変え、行動したら

ポジティブになれました。

この本は夢を叶えることを表題としていますが、

その第一歩として良いことをイメージし、

ポジティブな考え方をすることが書いてあります。

まだ途中なのでこれくらいしか紹介できませんが、

とても良い本だと実感しています。

 

今日の失敗は教訓として、人生勉強として

捉えられました。

次こんなことが起こらないようにするための

具体策も考えつきました。

良いことです。

 

うつ病になると、

無意識に「ダメだ」と漏らしてしまうことが多いんですが、

今だに口をつくこの言葉も変えてみようと思います。

もし「ダメだ」と言ったら

すぐさま

「いや、できる!」

と松岡修造並みの気合いで力こぶを作りながら

言ってみようと思います。

 

やっとあと10分で作業に入るそうです。

ではまた。