顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

今年読んでよかった本 その1

こんばんは。

k-byteです。

 

僕はお休みに入ってから

割と本を読んでいます。

当初は集中力が続かずに読むのに時間がかかっていたり

前に書いてあったことを忘れたりしていましたが

最近はだいぶ読むのが早くなりました。

 

今回ご紹介する本は所謂自己啓発本と呼ばれる部類なのかもしれませんが

今の人生に悩んでいる人にはうってつけの本だと思います。 

10年後、後悔しないための自分の道の選び方

10年後、後悔しないための自分の道の選び方

 

 『10年後、後悔しないための自分の道の選び方』

 

ビジネスパーソンのための、

自分らしく働き、最高の人生を送るための集中講義、という宣伝文句が

書かれていましたが、

ビジネスパーソンに限らず、

本当に今やっていることがやりたいことなのか迷っている人なら

オススメしたい本です。

 

新卒で就職した道が本当にやりたいことなのか?

実はやりたいことが他にあったけど妥協している場合や、

就職してから本当にやりたいことに気がつくこともあると思います。

しかし先行きが不安で現状を変えようとしないで、

苦しいまま人生を過ごすことになる人が少なからずいるのも事実。

できる理由ではなくできない理由を探しては

現状に留まることへ無理に自分を納得させようとしたり、

目先のことしか考えずに無難な道を選んだり。

 

10年後、後悔しないためには・・・。

できる理由を見つけること、

決断すること、

虚勢でも自信を持つこと、

他にも本書には後悔しないためのたくさんのヒントが

実例とともに書かれています。

 

「これはあなたの望む人生ですか?」

 

この本の最後に書かれている言葉。

読み進めて最後にもう一度これを問われると、

今の道を進むにせよ勇気を出してやりたいことへ飛び込むにせよ、

今後の人生に対して覚悟を持たなければいけないなと感じます。

 

 

僕は今悩んでいます。

今の仕事を続けるかどうか。

本書の最初にこんなことが書かれています。

「仕事に疑問を感じたら、自分の望みを掘り下げるチャンス」と。

僕は今、これを真剣に考えています。

自分の望みは何か。

自分自身に毎日問いかけています。

 

プログラミングの勉強もこの問いに応えるために勉強しているところもあるし、

もう少し元気になったら人脈をフルに生かして

いろんな人とこの問いについて語ろうと思っています。

 

そんな気にさせてくれた本です。

 

所謂自己啓発本を読むにあたっては、

全てを鵜呑みにしないことを心がけないと、

本に振り回されることになりかねません。

それを踏まえても、この本はたくさんの気づきを僕にくれました。

 

読んでよかった。

一歩踏み出したいけど勇気や自信が持てない人へオススメします。

 

では。