顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

カウンセリングの経過報告 20

こんにちは。

k-byteです。

頑張って連投。

 

カウンセリング話。

 

最近沈みっぱなしの僕なので、

カウンセリングも散々でした。

カウンセラーさんの言葉が入って来ない。

話すことが思い浮かばない。

 

一通り心療内科での話もしましたが、

(カウンセリングでも話して欲しいと心療内科の先生に言われたので)

沈黙の時間が長かったです。

こんな姿をカウンセラーさんは見たことないと言っていました。

仕事を休む前はずっとこんな感じだったんですけどね。

解ってても気分が上がらない。

 

話の内容もよくは覚えてません。

しかし、カウンセラーさんからはこんなことを言われました。

 

「休んで良かったと思えるほど、貴方は変わっていてるはずなので、

その事実をひとつひとつ思い出して、自信にしていくのがいい」

 

と。

 

僕は聞きました。

 

「僕は何が変わりました?」

 

カウンセラーさん、

 

「色々なことに気づきがあることが変わった。

しかし、まだ気づいたことを消化できてないので、

何かが崩れると一瞬で元に戻るかもしれない」

 

正直に答えてくれました。

確かに。

崩れる可能性はあると僕でも思っています。

それを意識させてくれたので、それだけでも良かったです。

 

ただ、気分は沈んだままでしたが。

 

こんな時、イヤホンで大音量の音楽を流すと動けることが多くて、

最近もそうやって半強制的にスイッチを入れてます。

 

僕はパンクすぎると逆にテンションが上がりすぎるので

Hip Hopあたりがちょうどいいです。

 

しばらくはそんな感じかなぁ。

 

それでは。

心療内科の経過報告 23

こんにちは。

k-byteです。

秋めいてきましたね。

 

心療内科の経過報告です。

僕は最近、とにかく調子が悪くて、

かなり沈んでします。

考えれば色々とあったなと思いますが、

正直何が原因なのかはよくわかりません。

何となく、沈んでいます。

 

放っておいて欲しい気持ちと、

認められたい気持ちが一緒にあって、

それがコロコロ変わる感じがして、

やろうと思ったことも

急に気が変わってできなくなりますし、

楽しくありません。

 

そんな話を先生にしました。

「もうすぐ職場復帰することが関係あるのでは?」と聞かれましたが、

正直復帰すること自体に不安はありません。

やってみないとわからないので、

今から不安を抱えてもそれは幻想だと思っているので。

 

それが頭ではわかってるけど、

無意識に抱えてる不安が水面下で爆発している、

そんな感じなのかもしれませんね。

 

とにかく、気持ちが上がりません。

 

そんな話しかしなかったので、

あまり中身のない時間がある過ぎてしまった感じでした。

 

 

こんな状態なので気の利いたことも書けません。

とりあえずここまで。

 

それでは。

Behringer Model D いよいよ日本発売へ その2

こんにちは。

k-byteです。

 

9月に入りました。

 

zero-comma-mugen.hatenablog.com

 

Behringerの代理店が株式会社エレクトリ様に決定し、

出荷が9月上旬というアナウンスが流れてから1ヶ月が経ちました。

前回のブログ後、取扱店も決まり

www.electori-br.jp

そろそろ予約がしたいなぁとか感じている人も多いでしょうか?

 

もう9月上旬ですがまだ僕が知る限り

どの販売店も まだ予約や具体的な販売の情報は流れていません。

 

「本当?本当にもうすぐなの?」

 

ということで、先日Musictribe様に直接聞いてみました。

 

「出荷が9月上旬なので、販売はそれ以降だと思います」

「でももうすぐお店で実機を試していただける日がくると思います」

 

だそうです。

 

出荷時期=発売日ではないようですね。

 

詳しくはエレクトリ様に聞いた方が早そうです。

 

 

ちなみにですが。

 

僕が4月に海外のお店で頼んでいたBehringer Model Dは

ついこの間我が家に到着しました!

ということで一足早く実機に触っています。

 

日本語の簡易スタートガイドには

100v-240vの間で電源が使える記述があるので、

ハナっから100v仕様とか作る必要もなかったみたいです。

普通に日本のコンセントで使えます。

僕はSweetWater社のメールを信じて

117v昇圧電源を買ってしまいましたが。。。

 

これもMusictribe社に発送が遅れた原因を聞いてみたら、

やはり生産が追いつかなくて

6月以降出荷をストップしていたみたいです。

で、8月後半に十分な販売台数を生産したところで

出荷を解禁したようです。

 

Musictribe社の生産拠点が中国にあって、

今年の春に新しい工場を立ち上げたばかりらしいですね。

でもアメリカ政権が中国に対して

貿易戦争を仕掛けてしまったもんだから

生産もうまいこといかなかったんじゃないかなと。

これは僕の見立てですが。

 

日本の皆様は間違いなく日本でBehringer製品を購入することをお勧めします。

90日以内に製品登録を行えば

エレクトリのホームページで保証が3年に延長できますから。

www.electori-br.jp

並行輸入品は対象外なので僕のは1年保証のままです。

 

Model Dと同時に発売されるNeutronも

価格はModel Dとほぼ同価格になるらしいです。

僕はこれを買うとモジュラーシンセの泥沼にはまりそうなので

今の所我慢しようと思っていますが(笑)

 

ここではModel Dばっかり話していますが、

結構Behringerは「使える」機材が多い印象があります。

何より財布に優しいですからね。

今後も色々とお世話になりそうです。

 

それでは。

 

追記

 

Rock Onがホームページで

価格を含めた取扱い情報を公開しましたね。

 

www.miroc.co.jp

カウンセリングの経過報告 19

こんにちは。

k-byteです。

台風21号尋常じゃなかったですね。。。

僕の地域はかろうじて無事でしたが、

今回の21号も、前回の20号も、

被害に遭われた方々の一早い復興を願ってやみません。

 

カウンセリングの話です。

 

今回は割と家族に関する雑談がメインになりました。

雑談といっても、自分や子供がだいぶ体調が悪かったので、

そんな時に家族としてどうしているのかという話や、

僕と妻の仕事の折り合いのつけ方とかを話しました。

 

例えば。

僕は8月後半ずっと体調が悪かったんですが、

妻はすごく優しく、

毎日寝かしつけを僕にお願いして早く休ませてくれたり、

日中でも「寝ていいよ」と言ってくれたり。

ただ、僕の精神的な不調に対しては時々不機嫌になって、

まだ受け入れていない部分もあるようです。

 

考えてみれば当たり前で、

というか妻がわかりやすくて、

あからさまに目に見える体調不良には対処できるけど、

目に見えない精神疾患には対処できないようです。

普段あっけらかんとしている妻なので

僕も半分理解してもらうことは諦めています。

 

カウンセラーさんは、そんな優しい妻に対してどう思っているのかと

僕に尋ねました。

 

もちろん感謝しています。

 

そう答えました。

心の底からそう思っていたので。

 

妻に病院へ連れて行ってもらった後

(それほど体調が悪かったんです)

二人でご飯を食べたときに久しぶりに他愛のない会話をした話をしました。

そんな話もしたら、

 

「そんな機会をもっと設けた方がいいんじゃない?」と。

 

確かに二人で出かけてないですね。

というか、妻がすごく恥ずかしがるので控えているんですが、

子供のいないところで子供のこと以外の会話とかも

必要なのかもしれないなぁと感じました。

実現するかしないかは別ですが。

 

なんかそんな話をしていたらあっという間に時間になりました。

特筆事項もこれといったものもなく。

 

これで良かったのかなぁとちょっと感じた日でした。

それでは。

心療内科の経過報告 22

こんにちは。

k-byteです。

夏が終わりますね。

 

今日は心療内科の診察でした。

最近の体調はというと、

やはり「この時間までのやらなきゃいけない」とか

「こうやるべきだ」という考えに縛られて

イライラしてしまうことが結構ありました。

特に子供に対してたくさん叱ってしまって後で後悔するパターン。

本当にこれはどうにかしたい。

どの親も毎日何かしら叱ってるんですかね?

 

あと、前回のカウンセリングで話題になった

「人が集まるところが苦手」な話も。

密集しているところが苦手な原因は、

この間図らずもわかってしまいました。

 

先日、健康を若干害してMRI検査をしたんですが。

入ったことがある方はわかるかもしれませんが

かなり狭い筒状の機械に入って身動き1つできずに

数十分耐えなきゃいけないんですが、

昔平気だったMRIが、今回はすごく怖くてたまりませんでした。

 

いつの間にか閉所恐怖症になってたんですね。

だから密集している椅子に座るのがダメだったんですきっと。

 

先生は、「もうすぐ復帰する不安が現れている」

と言われてましたが、

研修などで密集しているところは前々から苦手意識が芽生え始めていたので

それだけじゃない気がします。

先生はあくまでも仕事の不安のせいにしていましたが。

 

もう1ヶ月と少ししたら復帰です。

「不安はありませんか?」

と聞かれましたが、

不安は考えないことにしています。

強いて言えば周囲との人間関係くらいでしょうか?

家の不安も言っておきましたが実際はそんな不安じゃありません。

何か事態が起こった時に解決策を考えればいいだけのことなので

(そういう境地に立つことができているので)

今は落ち着いています。

やりたいことが多くて時間が足りないけど。

あっ、これが不安か。

 

時間を有効に使えるように頑張ろう。

 

それでは。

カウンセリングの経過報告 18

こんにちは。

k-byteです。

お盆終わりましたね。

 

今日はカウンセリングの経過報告についてです。

 

今回話題になったのは

最近の心療内科の経過報告でも話題に出した

飲み会スルーの件。

 

zero-comma-mugen.hatenablog.com

 

僕には社交辞令というものがよくわからないという話をしました。

それに加えて、今週あった宅急便の話も。

 

簡単に言えば、

僕は欲しくて頼んだ商品が今日届くとわかっていると、

他のことが手につきません。

ある日、ネットの問い合わせで10時に配達に出発したと記載されていたので

ご飯も食べずに夜まで待ち続けていました。

結局お腹が空いて少し家を開けたら

その間に宅急便が届いて発狂しました。

 

僕が指定した日に朝から待ち構えていて、

ちょっと家を離れた隙に荷物が届く。

すごく配達員さんに迷惑をかけたとガックリです。

いつもは商品を頼むときに時間指定をするんですが

今回はし忘れてしまってこんな感じです。

黒いネコちゃんの宅急便は配達前でも臨機応変に配達時間が変えられるんですが

今回の飛脚が走る宅急便は一度不在票が届かないと時間指定ができない仕組みで、

それも僕を思いっきり惑わせます。

 

そんな話をしました。

 

「やっぱり、極端」

 

カウンセラーさんに言われました。

 

仕事でもそんな感じなのかを聞かれたので考えてみたら、

こうと決めたら動かせないタイプですね。僕は。

一度決めたことを変えるのにすごく罪悪感を感じます。

 

社交辞令が理解できないわ極端だわ。

僕自身話してて「変な奴だな」と思わず思ってしまいました。

 

あと仕事つながりでは、

ある日を境に人が集まる場が苦手になった話も。

色んな理由があるんです。

一つは静かにしなければいけないところで話す人がいると

「怒られるんじゃないか?」と不安になります。

他人なのに。

電車やバスで大声で、

しかもプライバシーのかけらもない会話をしている教員を見かけると

地域住民に申し訳なくなってその場にいられなくなります。

 

あとは、言葉にできない恐怖に襲われることもあります。

研修で講師がいて、綺麗に並べられた椅子があってそこに座るのが耐えられなくて、

僕はさらにその椅子の後ろに勝手に自分の椅子を用意して

講師と受講生の両方を客観的に見ます。

そうしないと落ち着きません。

それができない場合は並んだ椅子の一番前に座って

決して後ろを振り返らないようにします。

できれば両隣に人がいないとベストですが

そんなシチュエーション今まで一度も経験していません。

よっぽど恐怖を感じたら受講前に退出します。

 

そんな話もしました。

 

「やっぱり、自分が『こうしなきゃいけない』と感じることを

逸脱する場面には弱いんだねきっと」

とカウンセラーさん。

両極端ではなく、中間をたくさん経験することが大事だと言われました。

きっと家庭では極端に振り切れる場面は少ないだろうから

家庭生活を大事に、とも。

 

そんな家庭生活ですが、

僕が一人暮らしをしていた時は片付けができない人間でした。

書類はやゴミは床に散乱して、

本やCDはただ山積みにされ、

どこに何があるかもよくわからず。

学校の掃除は怒られるのが嫌で小さい頃からちゃんとやっていて

真面目にやらないクラスメイトに本気で説教たれてましたが、

自分の家は全然片付けられませんでした。

しかしこれも結婚を境になぜか急に綺麗好きになりました。

 

そんな話もしました。

 

どれもこれも、はっきりしたきっかけがあったわけでもなく、

原因も思い当たりません。

スイッチが入った、としか言いようがありません。

 

そんな他愛のない話であっという間に時間が過ぎました。

 

それでは。

心療内科の経過報告 21

こんにちは。

k-byteです。

お盆ですね。

 

お盆前に診察を受けてきましたので

その経過報告をします。

 

まずは薬についてですが、

ひとまず今は落ち着いています。

やっぱり7月末に試しに飲んだ薬は

僕には合わなかったようですね。

まるで違います。

薬ひとつでこんなに性格が変わるのは怖いですね。

まるで危険ドラッグです。

やったことありませんが。

 

もちろん僕のは医師に処方された合法的な治療薬ですよ。

念のため。

 

今の僕の状態については、

復帰に向けて最後の長期休みという感じです。

もう吹っ切れました。

やりたいことやってます。

休み始めた頃は

「僕は精神疾患で休んでるんだから休みを楽しんではいけない」みたいな

勝手な思い込みをしていたんですが、

むしろ心の底から今の人生を楽しむことが

躁鬱の克服には大事なんだということがわかってきました。

 

まだ読みかけなんですが、

道は開ける 文庫版

道は開ける 文庫版

 

 デール・カーネギー『道は開ける』

 

この本を読み始めてから考え方を変えました。

以前このブログで

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 

 

『人を動かす』の方は紹介したことがあったかと思いますが、

 

zero-comma-mugen.hatenablog.com

僕自身の問題を解決するには最初に紹介した『道は開ける』の方が

先に読むべき本でした。

今ようやく半分まで読み終わりました。

内容が濃くてさらっとは読めません。

言い換えれは、まるでコーヒーをドリップするかのように

ポタポタ落ちて来るものをしっかり吸収しながら読んでいます。

 

話を戻しますが、

肉体的、精神的疾患のほとんどは不安や悩みが

根本的な原因であるということだそうで、

いかにその不安や悩みを対処するかで

それらの疾患の回復や進行が決まってくるみたいです。

なので僕も自分の状態に悲観したり遠慮したりすることをやめました。

もっと早くこの本に出会えれば、とも思いましたが、

このタイミングで良かったのかもしれません。

本には、

「不安を忘れるためには自分を忙しくしなければいけない」とも書かれています。

人間は一度に一つのことしかできないため、

忙しくしている間は不安など感じないんだそうで、

むしろふと一人になった時に何かを考えると

不安に襲われることが多いとも書かれていました。

納得です。

もうすぐ忙しくなるので

自分を敢えて忙しい身に置きながら

楽しいこともたくさんやってやろうと思っています。

 

そういえば、楽しんでやろうと思って

職場の年下を飲みに誘ったんだけど

見事にスルーされました(笑)。

職リハの時に飲もうと声をかけたにも関わらず。

日を提示しているんだから、別に気がないのなら

「その日は先約が」と言えば済むことなのに。

社会人としてはまだまだ未熟ですね。

何日かイライラしましたけど、

やはりさっきの本のおかげですっぱり割り切ることができました。

気づかないフリをしてやろうと思います。

 

そういうことを別のコミュニティの仲間に相談したら

すぐに「飲みに行こう。いつがいい?」と即答してくれる人もいたので

僕が今後付き合うべき交友関係もこれで決まってきました。

本のおかげです。

 

今の飲み会の話に絡むんですが、

僕は「社交辞令」というものがよくわからない性格みたいです。

「今度会いましょう」

「今度飲みましょう」

などと言われると

「いつ??」

と思ってしまい、

「この日に飲もうか?」

と予定を立ててしまいます。

そうして失敗した(メールが来なくなったり無視されたりした)ことが

今年だけで上の話を含めて3件。

前にも同じ失敗を何度も繰り返しています。

社交辞令という言葉も意味も知っていますが、実感はできていません。

実感できる気もしません。

「だって今度会おう、飲もうって言ったじゃん。言ったのそっちじゃん」

と思ってしまうので。

飲むなら、会うなら日時を言って欲しいもんです。

 

だいぶ横道にそれながら書いてしまいましたが、

要は元気です。

 

それでは。