顎関節症の僕にビックマックは無謀だった。

うつで休職中のアラフォーが未来への葛藤と苦悩をつづる普通の日記です。


スポンサードリンク

もうすぐ新年度

凄く久しぶりです。

k-byteです。

 

前回の更新が去年の10/27

半年近く空きました。

結論から言えば忙しさと疲労にやられてました。

 

特に疲労は今だに酷いです。

1年仕事をしないということが

こんなにも体力を奪うものなのかと。

実感しました。

 

前回書きましたHSPのことも、

自分がそれであるという自覚があるだけで

どうやったらより良く生きれるかを

考えながら日々生活できるので

知って良かったです。

 

カウンセリングの方は

主に仕事復帰に際してどんな事に困っているのか、

気持ちの面ではその困りごとがどう左右されているのか、

そんな話が中心です。

やっぱり浮き沈みは多々あったので、

その1つ1つの原因を考えて対策を練ってました。

今後もそんな感じになるかと思いますが、

保険が効かなくて値段も高いので

そろそろ2週間に1回という頻度に

こちらの集中力が限界を迎えそうです。

カウンセラーさんもたまにウトウトしちゃってるし。

 

心療内科の方は相変わらず話を聞いて薬を出すという仕事に

変わりはないんですが、

カウンセリングほど時間がない中、

端的に状況を説明して話せるので

こちらの負担も少ないです。

 

ただ、どちらも終わりが見えないのが辛い。

いつ診察をやめられるか、

いつカウンセリングをやめられるか。

 

今、心の支えにしている本があります。

デール・カーネギーの『道は開ける』。

道は開ける 文庫版

道は開ける 文庫版

 

簡単に言えば「どう不安を分析して、それを乗り越えられるか」

という内容なんですが、

今までの不安なことも、

新しく新年度を迎えるにあたっての不安も、

この本が解決してくれています。

僕はこの本を休職中に見つけて読み、

そして今2回目読んでいます。

 

日々不安に苛まれている方、

鬱に悩んでいる方にオススメします。

 

次はいつ更新できるでしょうか?

 

それでは。

近況

こんにちは。

k-byteです。

お久しぶりです。

 

今月より、仕事に復帰しました。

もうすぐ1ヶ月経ちますが、

改めて、仕事って大変ですね。

1年休むと頭の回転が鈍ってるし、

体もついていきません。

 

やっと、1ヶ月経って、

時間をどうやりくりするかということを考える余裕が出てきました。

考えるだけで、実行できてませんが。

 

で。

体調ですが、

双極性障害は治るわけでもなく、

波は少なからずあります。

今はかなり凹んでいます。

ちょっと前に、かなり調子が良くて

仕事なんかサクサクこなして、

「やっていけるんじゃない?」と思った矢先に

調子に乗りすぎて大きなミスを犯しました。

それで一気に気分が沈んでいます。

 

調子が良かったんじゃなくて、

病的にハイだったんですね。

僕はそれにまだ気づくことができません。

調子が良いのかハイなのか、

判断できずに困っています。

 

きっと去年まで僕なら耐えきれなかったんでしょうが、

ここで自分の置かれた状況を冷静に分析できるようになったのは

大きな進歩だと思っています。

先ほど書いたミスも、

ケリはまだついていませんが、概ね消化できるようになりました。

あとは食欲が戻れば体調も回復すると思います。

 

こういうことが、今の職に限らず、

この先生きていく上での課題になるんだと思います。

ちなみに今月はかなり散財もしてしまい、

お金を使うことも自粛中です。

 

 

更新してなかった1ヶ月間で、新しい発見もありました。

というか、これが決定打だと思うんですが。

 

僕は、HSPのようです。

Highly Sensitive Personの略、

「敏感すぎて生きづらい人」と言われています。

障害ではありません。

研究自体は2000年初頭にされ始めているらしいんですが、

日本ではここ最近少しずつ広まっている考え方で、

本も去年あたりから出始めているようです。

 

詳しくは解説することを目的としていないので、

とりあえず検索で最初に出てくるサイトのリンクを貼っておきます。

 

HSPのすべて|特徴・診断・適職・敏感で生きづらい理由と対処法について | Take it easy for HSP

 

あと、読んだ本も。

過敏で傷つきやすい人たち (幻冬舎新書)

過敏で傷つきやすい人たち (幻冬舎新書)

 

 

敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

 

 

僕は色んなテストをやってみましたが、

軒並み最高点に近いスコアを叩き出します。

ちなみに5人に1人はHSPの傾向があるという、決してレアなものではないんですが、

その中には軽い人もいれば極端な傾向を持つ人もいるようです。

 

ただ、HSPは悪いことだけではないようなので、

先ほどの「調子が良いのか病的なハイなのか」という課題と合わせて、

どうHSPと付き合っていくのかを考えていきたいと思っています。

 

また、余裕があった時には更新します。

近況か、HSPがらみの話になるかと思います。

 

それでは。

カウンセリングの経過報告 20

こんにちは。

k-byteです。

頑張って連投。

 

カウンセリング話。

 

最近沈みっぱなしの僕なので、

カウンセリングも散々でした。

カウンセラーさんの言葉が入って来ない。

話すことが思い浮かばない。

 

一通り心療内科での話もしましたが、

(カウンセリングでも話して欲しいと心療内科の先生に言われたので)

沈黙の時間が長かったです。

こんな姿をカウンセラーさんは見たことないと言っていました。

仕事を休む前はずっとこんな感じだったんですけどね。

解ってても気分が上がらない。

 

話の内容もよくは覚えてません。

しかし、カウンセラーさんからはこんなことを言われました。

 

「休んで良かったと思えるほど、貴方は変わっていてるはずなので、

その事実をひとつひとつ思い出して、自信にしていくのがいい」

 

と。

 

僕は聞きました。

 

「僕は何が変わりました?」

 

カウンセラーさん、

 

「色々なことに気づきがあることが変わった。

しかし、まだ気づいたことを消化できてないので、

何かが崩れると一瞬で元に戻るかもしれない」

 

正直に答えてくれました。

確かに。

崩れる可能性はあると僕でも思っています。

それを意識させてくれたので、それだけでも良かったです。

 

ただ、気分は沈んだままでしたが。

 

こんな時、イヤホンで大音量の音楽を流すと動けることが多くて、

最近もそうやって半強制的にスイッチを入れてます。

 

僕はパンクすぎると逆にテンションが上がりすぎるので

Hip Hopあたりがちょうどいいです。

 

しばらくはそんな感じかなぁ。

 

それでは。

心療内科の経過報告 23

こんにちは。

k-byteです。

秋めいてきましたね。

 

心療内科の経過報告です。

僕は最近、とにかく調子が悪くて、

かなり沈んでします。

考えれば色々とあったなと思いますが、

正直何が原因なのかはよくわかりません。

何となく、沈んでいます。

 

放っておいて欲しい気持ちと、

認められたい気持ちが一緒にあって、

それがコロコロ変わる感じがして、

やろうと思ったことも

急に気が変わってできなくなりますし、

楽しくありません。

 

そんな話を先生にしました。

「もうすぐ職場復帰することが関係あるのでは?」と聞かれましたが、

正直復帰すること自体に不安はありません。

やってみないとわからないので、

今から不安を抱えてもそれは幻想だと思っているので。

 

それが頭ではわかってるけど、

無意識に抱えてる不安が水面下で爆発している、

そんな感じなのかもしれませんね。

 

とにかく、気持ちが上がりません。

 

そんな話しかしなかったので、

あまり中身のない時間がある過ぎてしまった感じでした。

 

 

こんな状態なので気の利いたことも書けません。

とりあえずここまで。

 

それでは。

Behringer Model D いよいよ日本発売へ その2

こんにちは。

k-byteです。

 

9月に入りました。

 

zero-comma-mugen.hatenablog.com

 

Behringerの代理店が株式会社エレクトリ様に決定し、

出荷が9月上旬というアナウンスが流れてから1ヶ月が経ちました。

前回のブログ後、取扱店も決まり

www.electori-br.jp

そろそろ予約がしたいなぁとか感じている人も多いでしょうか?

 

もう9月上旬ですがまだ僕が知る限り

どの販売店も まだ予約や具体的な販売の情報は流れていません。

 

「本当?本当にもうすぐなの?」

 

ということで、先日Musictribe様に直接聞いてみました。

 

「出荷が9月上旬なので、販売はそれ以降だと思います」

「でももうすぐお店で実機を試していただける日がくると思います」

 

だそうです。

 

出荷時期=発売日ではないようですね。

 

詳しくはエレクトリ様に聞いた方が早そうです。

 

 

ちなみにですが。

 

僕が4月に海外のお店で頼んでいたBehringer Model Dは

ついこの間我が家に到着しました!

ということで一足早く実機に触っています。

 

日本語の簡易スタートガイドには

100v-240vの間で電源が使える記述があるので、

ハナっから100v仕様とか作る必要もなかったみたいです。

普通に日本のコンセントで使えます。

僕はSweetWater社のメールを信じて

117v昇圧電源を買ってしまいましたが。。。

 

これもMusictribe社に発送が遅れた原因を聞いてみたら、

やはり生産が追いつかなくて

6月以降出荷をストップしていたみたいです。

で、8月後半に十分な販売台数を生産したところで

出荷を解禁したようです。

 

Musictribe社の生産拠点が中国にあって、

今年の春に新しい工場を立ち上げたばかりらしいですね。

でもアメリカ政権が中国に対して

貿易戦争を仕掛けてしまったもんだから

生産もうまいこといかなかったんじゃないかなと。

これは僕の見立てですが。

 

日本の皆様は間違いなく日本でBehringer製品を購入することをお勧めします。

90日以内に製品登録を行えば

エレクトリのホームページで保証が3年に延長できますから。

www.electori-br.jp

並行輸入品は対象外なので僕のは1年保証のままです。

 

Model Dと同時に発売されるNeutronも

価格はModel Dとほぼ同価格になるらしいです。

僕はこれを買うとモジュラーシンセの泥沼にはまりそうなので

今の所我慢しようと思っていますが(笑)

 

ここではModel Dばっかり話していますが、

結構Behringerは「使える」機材が多い印象があります。

何より財布に優しいですからね。

今後も色々とお世話になりそうです。

 

それでは。

 

追記

 

Rock Onがホームページで

価格を含めた取扱い情報を公開しましたね。

 

www.miroc.co.jp

カウンセリングの経過報告 19

こんにちは。

k-byteです。

台風21号尋常じゃなかったですね。。。

僕の地域はかろうじて無事でしたが、

今回の21号も、前回の20号も、

被害に遭われた方々の一早い復興を願ってやみません。

 

カウンセリングの話です。

 

今回は割と家族に関する雑談がメインになりました。

雑談といっても、自分や子供がだいぶ体調が悪かったので、

そんな時に家族としてどうしているのかという話や、

僕と妻の仕事の折り合いのつけ方とかを話しました。

 

例えば。

僕は8月後半ずっと体調が悪かったんですが、

妻はすごく優しく、

毎日寝かしつけを僕にお願いして早く休ませてくれたり、

日中でも「寝ていいよ」と言ってくれたり。

ただ、僕の精神的な不調に対しては時々不機嫌になって、

まだ受け入れていない部分もあるようです。

 

考えてみれば当たり前で、

というか妻がわかりやすくて、

あからさまに目に見える体調不良には対処できるけど、

目に見えない精神疾患には対処できないようです。

普段あっけらかんとしている妻なので

僕も半分理解してもらうことは諦めています。

 

カウンセラーさんは、そんな優しい妻に対してどう思っているのかと

僕に尋ねました。

 

もちろん感謝しています。

 

そう答えました。

心の底からそう思っていたので。

 

妻に病院へ連れて行ってもらった後

(それほど体調が悪かったんです)

二人でご飯を食べたときに久しぶりに他愛のない会話をした話をしました。

そんな話もしたら、

 

「そんな機会をもっと設けた方がいいんじゃない?」と。

 

確かに二人で出かけてないですね。

というか、妻がすごく恥ずかしがるので控えているんですが、

子供のいないところで子供のこと以外の会話とかも

必要なのかもしれないなぁと感じました。

実現するかしないかは別ですが。

 

なんかそんな話をしていたらあっという間に時間になりました。

特筆事項もこれといったものもなく。

 

これで良かったのかなぁとちょっと感じた日でした。

それでは。

心療内科の経過報告 22

こんにちは。

k-byteです。

夏が終わりますね。

 

今日は心療内科の診察でした。

最近の体調はというと、

やはり「この時間までのやらなきゃいけない」とか

「こうやるべきだ」という考えに縛られて

イライラしてしまうことが結構ありました。

特に子供に対してたくさん叱ってしまって後で後悔するパターン。

本当にこれはどうにかしたい。

どの親も毎日何かしら叱ってるんですかね?

 

あと、前回のカウンセリングで話題になった

「人が集まるところが苦手」な話も。

密集しているところが苦手な原因は、

この間図らずもわかってしまいました。

 

先日、健康を若干害してMRI検査をしたんですが。

入ったことがある方はわかるかもしれませんが

かなり狭い筒状の機械に入って身動き1つできずに

数十分耐えなきゃいけないんですが、

昔平気だったMRIが、今回はすごく怖くてたまりませんでした。

 

いつの間にか閉所恐怖症になってたんですね。

だから密集している椅子に座るのがダメだったんですきっと。

 

先生は、「もうすぐ復帰する不安が現れている」

と言われてましたが、

研修などで密集しているところは前々から苦手意識が芽生え始めていたので

それだけじゃない気がします。

先生はあくまでも仕事の不安のせいにしていましたが。

 

もう1ヶ月と少ししたら復帰です。

「不安はありませんか?」

と聞かれましたが、

不安は考えないことにしています。

強いて言えば周囲との人間関係くらいでしょうか?

家の不安も言っておきましたが実際はそんな不安じゃありません。

何か事態が起こった時に解決策を考えればいいだけのことなので

(そういう境地に立つことができているので)

今は落ち着いています。

やりたいことが多くて時間が足りないけど。

あっ、これが不安か。

 

時間を有効に使えるように頑張ろう。

 

それでは。